indicator作成 手法の定義 その1

VisualStudioを開いて白枠内を編集 Indicator(IsOverlay = true)チャート上に表示 falseならオシレーター表示

◇Parameterの型DataSeriesはSourceです{getしてきてsetします}

◇Parameteの期間(DefaultValue = 14)  int型 Periods {get;set}

◇Output 線の太さを表記 IndicatorDataSeriesはResult

黄色枠内 parameter(”文字列”)Linecolor=”配色”

緑の下線部分が『移動平均線の内容』とします。

int型は正数 doubleは小数点を含む型 宣言はsum  値は0.0;から

for文(14本のローソク足から、今現在の平均値を求めるループ文)

for(初期化式;条件式;更新式) for(int i = index - Periods + 1+i <= index; i++)

ここのfor文が最も重要点で今後 オリジナル(手法の定義)作成の肝になります。